妻の部屋のリフォームはクロゼット式にやり換えて貰いました

妻の部屋のリフォームはクロゼット式にやり換えて貰いました

(公開: 2015年3月17日 (火)

妻の部屋をリフォームしてもらいました。子供が大きくなって一人で寝るようになってからは、妻は自分の部屋で寝ています。そして寒い時や暑い時などは、自分の好みの温度設定にしてエアコンをかけるので調子が良いようです。この時リフォームしてもらったのは床面でした。

床が少しギシっと言うのでカーペットをはがして添え木などをしてもらい新しいカーペットをして貰いました。それ程ひどくなく釘を何本か打つくらいでした。古くなっていたクロスも横と天井までやりかえて貰い、押入れ式だった所をクロゼット風にして、要らない物を廃棄しました。只最初から備え付けのたんすはそのままにしておきました。

特に問題のない備え付けの物までリフォームしてしまうとお金が結構かかるので辞めておきました。しかし子供がいるので一杯になってしまった衣服もかなり整理しました。押入れを完全にリフォームして大変広く使え効率的になりました。

マンション・住宅のリフォームならINVICTUS | 株式会社INVICTUS


彼氏の家がリフォームしています

彼氏の家がリフォームしています

(公開: 2015年3月17日 (火)

大好きな彼氏の家は、とても大きいですがとても古いです。彼氏の部屋も狭いし、リビングがとても狭いのです。今彼氏の家はリフォームをしています。リビングをもっと広くするためと、彼氏の部屋を広くするためなのです。

無駄な部屋が多いので、それらをなくして他の部屋を広くするためなのです。今まで狭い部屋で我慢してきたのです。でも彼氏も子供の時と違って、体も大きくなってきました。だからさらに部屋が狭く感じられるのでしょう。

それらをリフォームしているのです。新しくなった彼氏の部屋が、どれくらい広くなるのかとても楽しみなのです。そしてあの狭くて、くつろぐこともできないと言っていたあのリビングがどこまで広くなるのか見たいのです。

まだリフォーム中ですが、とても楽しみなのです。新しくなった彼氏の家へ行くのが、今からとても楽しみなのです。


1家4人の住みながらのリフォームでした

1家4人の住みながらのリフォームでした

(公開: 2015年3月17日 (火)

自宅を改装するに当たり考えないといけないのは、自分達が何処に改装期間中住むかと言う事です。引越しして家の中を誰が出入りするか解からないのです。それに引越しすると、お茶碗などの食器類から衣類、家具まで全て持って出なければいけないことになります。引越し業者への代金、一時借りる時の家賃そして不動産業者の手数料などを払わなければなりません。

そしてリフォームが終われば又戻ってくる事になりその時の引越し業者への代金が加算されます。1家4人分で計算して住みながらのリフォームをする事にしました。4部屋ありますので、どれかを使えばみんなで集まって食事などをすればいけると思いました。実際は任せきりよりも色々な事を言う事が出来てよかったです。

従がってスペースがあるのであれば、各種手数料代金の事を考えても、その時その時の荷物の搬入や仕上がりの具合を見るためにも住みながらのリフォームを選んで良かったです。


リフォームされた住宅

リフォームされた住宅

(公開: 2015年3月17日 (火)

私達は今家を買おうと探しています。本当は注文住宅を考えていたのですが、費用が全く足らないので中古住宅を探しているのです。今までにいろいろと中古住宅を見てきましたが、ほとんど古すぎる住宅ばかりなのです。

その仲でもリフォームされた住宅を考えているのです。トイレはもちろんお風呂もキッチンもちゃんとリフォームされているのなら、私は購入を考えたいと思っています。

住宅自体がかなり古くてもリフォームがされているのなら、住みやすいはずなのです。私はそれでもいいので、少しでも住みやすい家を探しているのです。

本当は新しい家に住みたいのです。それが本音です。でもそんな思い通りにはいきません。だから私達は、中古住宅で我慢しようと思ったのです。何とかリフォームされているのなら、これからもずっと長く住めると思うのです。


トイレのリフォーム考えています

トイレのリフォーム考えています

(公開: 2015年3月17日 (火)

自宅のトイレがとても古いです。いまだに水洗トイレではないのです。恥ずかしくてお客さんも家に呼べないのです。だから思い切って、トイレのリフォームを考えているのです。

見積もりをしてもらったら、かなりの費用がかかる事がわかりました。それを見て両親はとてもびっくりしていました。正直こんなにもかかるなんて、思ってもいなかったのです。

だからここは私が払おうと思います。今まで働いて頑張って貯めてきたお金があります。その貯金で、思い切ってトイレのリフォームをしようと思っているのです。

娘もトイレに行くのが怖いと言っているのです。昼間はいいですが、夜にトイレに一人で行けないのです。そして私が一緒に行っても、やはり怖いみたいです。それは私が子供の時、感じていた事と全く同じです。だから娘のためにも、トイレのリフォーム考えています。


家族のためにリフォームしよう

家族のためにリフォームしよう

(公開: 2015年3月17日 (火)

最近はリフォームがちょっとしたブームになっています。特に、テレビ番組でもリフォームがよーく取り上げられています。そして、その理由は各家庭の高齢化が進んでいるのも、一つの要因ではないでしょうか。

例えば、最近は高齢化社会が進んでいるせいか、両親と同居をする世帯が増えています。特に、高齢者の両親を都市部の、自宅に呼ぶ例は多いですよね。そして、その際に求められるのは、やっぱり高齢者に優しい住宅です。

高齢者は現役世代と比べると、ちょっとした事故が大怪我に繋がることも珍しくありません。また、身体の老化によりちょっとした段差や、階段などもきつく感じる人が多いですね。そのため、自宅に手すりをつけたり、ちょっとしたスロープを取りつけるなどの、リフォームが求められます。他にも、高齢者が火の取り扱いをするのも不安ですよね。そのため、高齢者を抱える世帯の多くが、IHヒーターなどに換えるケースも多いようです。これらにより、高齢者と楽しく優しい日々を送る事が出来るのではないでしょうか。